内臓脂肪を減らす一流のラクトフェリン

内臓脂肪とは?

肥満とは皮下脂肪が蓄積したものだけではありません。肥満と聞くと、体全体に脂肪が付着し、体重が増えてしまった症状を思い浮かべる方も少なくないでしょう。しかし、肥満はこれだけではなく、「内臓脂肪型肥満」も含まれています。むしろこの肥満のほうが、生活習慣病の原因となるため危機感を持つべきなのです。

 

【まったく違う皮下脂肪】
皮下脂肪とはお腹や背中など、皮膚をつまむと厚みが出る部分のことです。皮膚のすぐ下に付着し、お腹周りだけでなく全身にもつきます。内臓脂肪とはまったく別もので、内臓の周りにつく脂肪のことをいいます。指で簡単につまむことはできず、見た目は一見?せている方も多くなっています。

 

【CTスキャンで見る】
ぱっと見た目だけでは内臓脂肪はわかりません。CTスキャンでお腹周りの断面図を診断してはじめてわかるものです。しかし頻繁にCTスキャンを利用するわけにはいきませんから、お腹周りのサイズにて診断されています。ほかにも血液検査に異常な数値が出ていれば、内臓脂肪が蓄積していると考えることができます。
 
【内臓脂肪型肥満のめやす】
男性のお腹まわりは85cm以上、女性は90cmがめやすです。女性のほうが女性ホルモンの影響で皮下脂肪が蓄積しやすいため、サイズのめやすは大きめです。女性で90cmのウエストを達成するには、お腹周りに皮下脂肪と内臓脂肪の両方が蓄積しなければなりません。

内臓脂肪型肥満で起こる病気

内臓脂肪型肥満のことをメタボともいいます。メタボリックシンドロームとも呼ばれており、中年男性以降の人がかかりやすくなります。女性も女性ホルモンの分泌量が減る中年以降に、内臓脂肪型肥満に近づいてくるため注意してみましょう。

 

【生活習慣病の原因に】
内臓脂肪型肥満がなぜよくないのかというと、生活習慣病の原因になるからです。糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化などを引き起こします。内臓脂肪型肥満になると、インスリンの作用が低下し、糖尿病や高血圧などの症状が出やすくなります。痩せている人でも内臓肥満型の場合は、糖尿病にかかるリスクがあります。

 

【血栓を作る物質が増える】
内臓脂肪型肥満の場合は、血栓をつくる物質が発生します。これにより脳で血栓が詰まれば脳梗塞、心臓付近で詰まれば心筋梗塞になります。全身のどこで血栓がつまるかわからない状態ですから、心臓が一生懸命働き血圧が上がってきます。

 

【突然死するリスクがある】
内臓脂肪型肥満が怖さは、ある日突然死するリスクがあることです。血栓がもとになる病気は、治療が早いと命は助かりますが、後遺症を残すこともあります。だからこそ内蔵型肥満は予防が大切です。男性のほうがサイズが小さくでも内臓肥満型になることがあるため、健康診断で注意されやすいのです。

 

ラクトフェリンサプリについてのまとめ 

参照リンク

ラクトフェリン・・・ラクトフェリンサプリの効果を体感するために冷静に比較

内臓脂肪型肥満と糖質制限

内臓脂肪型肥満の方が効果的に?せる方法が、糖質制限ダイエットだといわれています。テレビや健康雑誌などでも取り入れられることがあるため、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。しかし、この糖質制限ダイエットにも落とし穴があったのです。

 

【糖質もたんぱく質も制限してしまう】
糖質制限ダイエットは炭水化物を食べないかわりに、たんぱく質や野菜などは食べます。しかし、内臓脂肪の肥満の人が糖質制限ダイエットをすると、もっと?せたいという思いからたんぱく質や脂質まで減らしてしまうことがあります。すべての摂取を減らすと、筋肉からエネルギーを取ろうとして、筋肉が失われていきます。こうやって体重は少ないのに、筋肉も少ないサルコペニア肥満ができあがってしまいます。

 

【サルコペニア肥満】
間違ったダイエットにより、筋肉が極端に細くなった肥満のタイプです。内臓脂肪型肥満の人が間違ったダイエットをして、結果的にこのような状態になることがあります。一見見た目は普通なのに、筋肉量が異常に少ないため、将来の寝たきりにも繋がりやすくなっています。

 

【内臓脂肪だけを減らすのがポイント】
内臓脂肪型肥満の方は、間違ったダイエットでサルコペニア肥満になるのを避けましょう。一番よいのが内臓脂肪だけを減らす方法です。極端な食事制限は筋肉まで奪い、将来の寝たきりにも繋がるため注意しましょう。

ラクトフェリンが手助けになる

内臓脂肪型肥満の方が、間違ったダイエットをせず、内臓脂肪だけを減らす方法はあるのでしょうか?無理な食事制限ではサルコペニア肥満になるリスクもあるため、おすすめできるのは内臓脂肪に直接アプローチできる方法でしょう。そのやり方とはラクトフェリンを使ったダイエット方法です。

 

【ライオンの研究で明らかに】
ライオンがラクトフェリンを利用した研究では、内臓脂肪が減っていることが確認されました。35歳〜60歳の人を被験者に選び、ラクトフェリンを1日300mg摂取したところ、2ヶ月間で変化が現われました。CTで撮影した腹部画像で確認されており、ラクトフェリンは内臓脂肪を減らす効果が確認されました。

 

【男性に効果的】
内臓脂肪はもともと男性に付きやすい脂肪のため、ラクトフェリンでダイエットするなら、男性におすすめです。ライオンの研究データでも、女性より男性のほうが脂肪が減る割合が多いのが確認されています。最大で内臓脂肪が22%減、腹部で4%減の効果が確認されました。

 

【2ヶ月間で明らかな違い】
ラクトフェリンを使った研究では、わずか2ヶ月間のみで内臓脂肪が減る効果が認められました。これだけ短期間のうちに内臓脂肪が減るのですから、健康診断でメタボ診断を受けた方に、ラクトフェリンはおすすめできるでしょう。

 

ラクトフェリンサプリについてのまとめ